MENU

【かゆみ?】育毛剤のイクオスの成分・副作用・使い方を徹底検証!

育毛剤のイクオスを使ってかゆみなどの副作用などがあるのでしょうか?成分から徹底検証してみたいと思います。ここでは育毛剤のイクオスに含まれている成分と副作用の危険性についてまとめます。

 

イクオスの成分と副作用について

成分名

特徴

副作用

グリチルリチン酸2K 抗炎症作用、抗アレルギー作用がある成分です。薄毛の要因と考えることができる頭皮の炎症を抑える働きがあります。頭皮の環境を良くして抜け毛を防ぎ、健康的な髪の毛を成長させることができます。また、殺菌作用もあることから、頭皮にある悪い金を撲滅してくれる働きも持っています。 利用する用量を守っていれば副作用はありません。想定よりもかなり多く利用すると、高血圧になる副作用が考えられます。
塩酸ジフェンヒドラミン 一般的には抗ヒスタミン剤と呼ばれている成分です。頭皮に痒みや炎症を引き起こすヒスタミンを防ぐ力があります。頭皮の血行を良くして、髪の毛が生えやすい環境を整えてくれます。 育毛剤以外の医薬品でも利用されていますので、副作用を気にする必要はありません。
センブリエキス アンチエイジングでも利用されているエキスです。頭皮の血行促進に効果があり、同時に炎症も抑えてくれる成分です。 摂り過ぎなければ問題ありません。血圧の上昇やむくみを感じることがあれば、利用を停止した方が良いです。

成分としては頭皮の血行が良くなるような成分が入っているようです。副作用は血圧に作用することがあるようです。念のため気をつけてください。

 

 

イクオスの正しい使い方について

育毛剤はお風呂上りに利用するのがベストです。頭皮を優しくマッサージして、汚れが無い状態で利用すると効果も出やすいです。髪の毛が濡れたままで使うのではなく、ある程度髪の毛をドライヤーで乾かすようにしてください。薄毛の人は、ドライヤーを使うことに抵抗があるかもしれませんが、髪の毛が濡れた状態を放置する方が頭皮や髪の毛には悪影響を与えます。

 

髪の毛が乾いたら、最大で20プッシュほど利用します。一度に手のひらに取ると垂れてしまうので、5プッシュくらいずつ髪の毛に馴染ませていくようにしましょう。イクオスを利用した後は、再度髪の毛を乾かすと、より効果的です。

 

 

イクオス,成分,副作用,使い方

イクオス,成分,副作用,使い方


>>イクオスの楽天・Amazon・公式での最安値比較はこちら